会社案内

サン電子工業株式会社は、1980年8月創業。徳島県板野郡藍住町に本社をおき、民生用電子機器の組み立て、及び、基板実装事業を中心として、事業を拡大。管理システムの自社開発や基板外観検査機の導入など、品質とコストの両立を図っています。2008年から新事業としてLED照明事業を展開。

概要・所在地

社名 サン電子工業株式会社
本社所在地 〒771−1232
徳島県板野郡藍住町富吉字穂実53−4
敷地面積 3,506平方メートル(1,062坪)
床面積 1,771平方メートル(537坪)
設立 1980年(昭和55年)8月
資本金 1千万円
従業員数 40名
代表者 代表取締役社長 岡田 宏
事業内容 LED照明器具の製造・販売、民生用電機・電子機器装置及び電機機器用プリント基板のASSY
取引銀行

阿波銀行 藍住西支店

徳島銀行 藍住支店

高松自動車道 「板野IC」より3km

IC下車後直進し、県道1号を南下。板野大橋を渡り最初の交差点を左折し、3本目の角を左折。道なりに右折した先の100m先左側。

徳島自動車道「藍住IC」より3km

IC下車後、県道1号との交差点を右折。ジェイテクトを越えた先の交差点を左折し、約3km直進。道なりに右折した先の100m先左側。

沿革

1980年 8月 会社設立
ビデオデッキ・ビデオムービーのプリント基板組立を開始する。
1990年 2月 光源用インバータ基板の組立を開始する。
1990年 4月 生産拡大のため吉野工場増築。
1994年 4月 DVD及び、CD-ROM本体の組立を開始する。
1997年 5月 事務所・食堂を移転増設。
1999年12月 サン電子工業(株)と(株)サンテックを合併し組織統合を行う。
2001年 3月 SMDライン(Mサイズ330×250)一式を増設
窒素ガス発生装置を導入、表面実装鉛フリー開始
液晶用バックライト・インバータ基板の組立を開始する。
2002年11月 中小企業経営革新支援法第4条第一項の規定に基づき、経営革新計画が承認される。
2003年 9月 液晶用インバータ増産計画に基づき工場を増築。
2003年10月 SMDライン(Mサイズ330×250)一式を増設し、2ラインとする。
2005年 4月 更にSMDの各ラインに高速マウンターを増設し、5連続実装・2ライン(Mサイズ330×250)とする。
2006年 5月 SMDライン(Lサイズ460×360)一式を増設する為、工場を増築し3ライン目を増設。
2008年 5月 LED照明器具の開発をスタート
街路灯向けを中心に4種類のLED照明を立ち上げる。
2011年 2月 Lサイズ対応の外観検査装置を増設

 


上へ